fbpx

アキレス腱炎について

アキレス腱炎は、下肢を使うスポーツ選手に多くみられるといった特徴があるスポーツ障害になります。

アキレス腱炎の原因

ふくらはぎにある下腿三頭筋とかかとの骨である踵骨を繋ぐアキレス腱が炎症を起こすことで発症します。アキレス腱炎は、アキレス腱のオーバーユース(使い過ぎ)によって引き起こります。

マラソンなどの陸上競技や、バレーボールやバスケットボールなどのジャンプやダッシュなどを繰り返すようなスポーツをおこなうことで、アキレス腱に負担をかけることになり、発症するケースが多いです。またシューズが足に合っていない場合や、急に運動を始めたりすることでもアキレス腱炎にかかることがあるので注意する必要があります。

アキレス腱炎の症状

症状については、運動時や歩き始める時にふくらはぎの部分とかかとの部分に痛みが生じるようになります。その他にはアキレス腱を触ると腫れや熱さがあり、押すと痛みを伴うこともあります。悪化すると安静時でも痛みを感じるようになります。

アキレス腱炎でお悩みの方は当院にお任せください

アキレス腱炎は痛みを我慢して練習などを続けていても自然に回復することが無いので、そのままにしないで適切な治療を受けることが大切です。痛みを感じたらえんしん整骨院にご相談ください。