fbpx

産後矯正について

《産後、このようなお悩みはありませんか?》

産前のジーンズやスカートが履けない / 寸胴体型になってしまった / 尿漏れがなかなか治らない / 冷え性・生理痛がひどい / 尾骨や恥骨、骨盤周りに痛みがある / 股関節(脚の付け根)が痛い / 下半身がむくみやすい / 下腹部のポッコリがなかなかとれない / O脚が進行した / 初産の時は体重がすぐ戻ったのに、二人目を産んだ後戻らない / 初産の時は痛みが出なかったのに、二人目を産んだ後は痛みが残っている / 他の施術院で骨盤矯正を受けたが、効果が感じられない

出産直後は、骨盤周りの軟部組織が緩く歪みやすい状態にあります。

歪みがあるとその部分だけでなく全身に循環障害がおき、

さまざまな不調が出てきます。

ホルモンバランスの乱れや抱っこといった物理的な負担に加え、

育児などによる疲労も体を歪ませる原因になっています。


《産後骨盤矯正と通常の骨盤矯正の違い》

産後の骨盤矯正は通常の骨盤矯正と大きく異なります。

通常の骨盤矯正は、

日常生活の中のさまざまな原因によって

上下・左右に歪んでしまった骨盤のずれにアプローチしたり、

負担のかかってしまった筋肉などの緊張をほぐして、

本来骨盤があるべき位置に戻すことが目的です。

一方で、産後の骨盤矯正は、

妊娠や出産に伴う骨盤の開きや腹筋の広がりなどを正すことが目的です。

妊娠5~6ヶ月頃になると子宮が小骨盤から大きくせり出し、

骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めます。

陣痛が始まると、骨盤のみならず全身の靭帯が弛緩し、

赤ちゃんが産道を通りやすい状態になります。

そして出産時赤ちゃんは回旋しながら頭から出てくるため、

お母さんの骨盤に掛かる負担は大変大きなものになります。

赤ちゃんの頭は狭い産道を通って出てくるために圧で頭が変形するのですが、

同様の圧をお母さんの骨盤も同時に受けています。

本来逆三角形である骨盤四角形になり、

回転しながらの圧が左右の骨盤にかかることで、

骨盤のずれが生じるのです。

また、腹筋も左右に大きく広がりうまく使うことができなくなります。

出産後骨盤は一気に閉じますが、

1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨をつなぐ筋が非常に弱い状態になっています。

この時期の悪い姿勢は、強い歪みを作ってしまう原因になりますし、

歪んだままにしてしまうと、将来的にさまざまな症状が出たり、

次の出産でつらい症状が出ることがあります。

産後は早めに骨盤をケアすることが大切なのです。


《産後骨盤矯正の重要性》

出産後骨盤体操や骨盤ダイエットなど色々な方法で体型を戻そうと頑張っても、

肝心な骨盤が開いたままでは体重は減ったとしても体型までは戻りません。

産後太らなかった方でも太りやすい骨格になってしまいます。

初産の時は体重がすぐに戻って痛みも無かったのに、

二人目の時は体重も戻らず痛みが出たといった方が多いのは、

最初の出産で骨盤が歪んだままになってしまっていたためです。

特に2人目3人目と産んでいくとどんどん骨盤が開いていき、

ひどい方は子宮脱などの臓器脱になる場合もあります。

自分で骨盤ベルトなどを巻いてもなかなか効果を出すことは難しいと思いますので、

専門院できちんと改善されることをおすすめします。


《当院の産後骨盤矯正について》

まずは姿勢の検査を行い、どのようなゆがみの状態にあるのかを確認します。

また出産時の負担だけではなく、

その後の育児での負担によってどのような変化がでているのか?も確認します。

多くのお母さんが、ゆがみだけではなく肩こりや腰痛、腱鞘炎などのお悩みも抱えています。

その後、ゆがみによって使い過ぎてしまった筋肉をほぐし、

ゆがみを改善することで使われていなかった筋肉を

正しく使えるようにしていきます。

トムソンベッドという矯正専用のベッドを使うため、

痛みはほとんどなく、正確に矯正を行っていきます。

多くの患者様が施術後の変化に喜んでいただいております。


《お子様(赤ちゃん)連れの方へ》

当院では保育士が14時まで常勤しております。

またキッズスペースやバウンサーもあるので、

保育士と一緒に遊んでお母さんを待つこともできます。

mama dayというお母さんと赤ちゃんのための時間を

月に2回ご用意しており、

こちらも大好評をいただいております。

お気軽にご利用ください。


《よくいただくご質問》

Q産後の骨盤矯正はいつから受けられますか?

A産後1ヶ月から受けていただくことができます。関節が柔らかい早期の施術をおすすめします。無理に体を捻ったりしませんので、退院後お体が落ち着かれたらお早めにお越しください。
適用期は産後1ヶ月~1年、適応期は産後1~6ヶ月です。(帝王切開の方は、2ヶ月後から)
また、断乳した月から数ヶ月間もホルモンバランスが変わり骨盤が固まる方向に向かうと言われています。この時期にも歪みをしっかり戻すことが重要です。

Q出産後のデリケートな時期に骨盤矯正をするのは怖くありませんか?
A出産後の関節はリラキシンという体内ホルモンの分泌により動きやすい状態になっています。軽くアプローチするだけでバランスを整えることができますので、強い力はかけません。ご安心ください。
Q施術時間が長いと子どもがぐずってしまいます。1回の施術時間はどれくらいかかるのでしょうか?
A手技、矯正、電気など全ての施術を合わせて30分以内に終わらせるようにしております。お子さまの泣き声が隣で聞こえると、お母さんの筋肉も固くなってしまうので、時間内で癒されながら施術を受けていただけるよう、時間配分には気を配っております。
Q胸がはってうつ伏せになることがつらいのですが、別の体位でも施術は可能ですか?
Aうつ伏せがつらい方には、横向きで施術をさせていただいております。その時に応じて痛くない寝方で施術を行いますので、ご安心ください。
Q矯正後しばらくしたらまた骨盤が開いてくることはありませんか?
A次の妊娠や出産、もしくは加齢によって骨盤底筋が緩んでくるまでは開くことはありません。
Q一人目の出産でなくても矯正の効果はありますか?
A二人目、三人目の出産後の方でも受けていただけます。緩んでいる間に行えば効果があります。
Q帝王切開でも矯正した方がいいのでしょうか?
A帝王切開でも骨盤は開きます。(帝王切開の場合、骨盤の上部が主に広がります)普通分娩と同様に矯正されることをおすすめします。

関連記事

  1. 骨盤矯正について

  2. 江別えんしん整骨院は夜間受付

    天気が悪いですね・・・

  3. 院長 米谷 純平

  4. LINEから簡単予約できます♩

  5. 大手口コミランキングで・・・

  6. 本日の施術について

  7. 猫背矯正について

  8. 美味しい差し入れいただきました♩

  9. お客様からプリン頂きました♪

アーカイブ