fbpx

オスグッドについて

オスグッドはサッカーやバスケットボールなどのジャンプや急激に停止する動作を繰り返すスポーツで発症することが多い疾患で、発症率を比べると比較的男子に多いことが特徴です。

特に10歳から15歳までの子供に多く、スポーツに積極的に打ち込んでいる子供ほど発症のリスクが高い傾向です。成長期は骨の成長が未熟なだけでなく、軟骨に負担が掛かりやすいという問題があります。

オスグッドの原因

オスグッドの原因は成長期における骨の成長にあるといえます。オスグッドは、太ももの大腿四頭筋が膝皿の下の骨を引っ張ることで生じるもので、軟骨組織を剥離させてしまいます。

また、オスグッドは成長期特有の病気で、成長しきっていない骨が引っ張られることが、軟骨組織の剥離を招きます。その結果痛みを感じたり、腫れて熱を持つようになります。

いわゆる成長痛とは異なり、原因はハッキリとしており、発症する部位や年齢も明確です。早期であれば保存的な治療で症状を解消できます。

オスグッドでお悩みの方は当院にお任せください

膝に違和感や痛みを覚えたら無理をしないことが重要です。当院では繰り返す痛みを根本からアプローチし、患者様にとってベストなゴールをともに目指していきます。辛い痛みは我慢せず、少しでも痛みを感じたら当院へお気軽にご相談ください!

店舗一覧