fbpx

変形性膝関節症について

変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨が摩擦によって徐々にすり減っていくことで強い痛みを感じるようになる慢性的な病気です。

変形してしまっているものを変化させていく事は難しいですが、変形が起きる事によって起きている炎症を抑えるだけでも楽になったと感動して下さる患者様は沢山いらっしゃいますので当院で姿勢の分析から始めて身体の全体像を見て何が足りていないのか、必要なのかを見つけていきましょう。

原因と症状

変形性膝関節症が起こる原因は、多くの場合が加齢です。年齢を重ねることで徐々に関節の軟骨が削れ、すり減ることで表面が荒れることにより慢性的な変形と炎症が起こり痛みが生じます。ひざの関節は常に体重の4倍から6倍もの負荷がかかるため、肥満傾向にある人もこの症状が起こりやすくなります。

他にも軟骨がもろく傷みやすい遺伝的な要素から、日本人は生活習慣で正座やあぐらをかくことが多いことからひざを大きく曲げる動作が日常の中で増えやすいこともあり、変形膝関節症になりやすい傾向にあります。

変形性膝関節症の症状については、初期は歩き始めや階段の上り下り、長く歩いて膝に負担がかかる時などに痛みが起こりやすく、休息すれば痛みが治まることが多いです。中期になると歩くだけで常に痛みを感じ、膝を曲げたり伸ばす動作が辛くなります。

症状が進行すると膝に関節液と呼ばれる水がたまり、腫れたり熱を持つといった症状があらわれたり、O脚が進行する場合も多いです。関節の軟骨がなくなり骨が直接こすれるようになると、立ち上がり歩く動作が難しくなり膝の変形が進行しやすくなります。

変形性膝関節症でお悩みの方は当院にお任せください

当院では問診と検査を基に、痛みに対して除痛効果のあるハイボルト治療、膝への負荷を軽減するための運動療法を組み合わせて、患者様のお悩みに対してアプローチをしていきます。ご縁あって来院された患者様が心から安らいでいただけるよう、丁寧な治療に臨んでおります。膝の痛みが気になる方はお早めにえんしん整骨院にご相談ください。