fbpx

足底筋膜炎について

足底筋膜炎は、かかとの骨から足指の付け根にかけて伸びている繊維状の組織である足底腱膜が炎症を起こし、痛みなどの症状が現れる病気です。足の裏に大きな負担がかかるスポーツや立ち仕事などをしている方に多く見られます。

足底筋膜炎の原因と症状

足底筋膜炎は、主に激しいスポーツや長時間の立ち仕事など足裏への過度な負担が原因で発症しますが、運動不足や偏平足、加齢が原因になることもあります。加えて、アキレス腱が硬い方、誤った歩き方をしている方、足に合った靴を履いていない方が発症するケースもあるので注意が必要です。

足底腱膜は、土踏まずを支えている組織で、歩行や走行などによる衝撃を吸収する役割を担っています。そのため、この足底腱膜の機能が低下すると、足底が接地する際の衝撃吸収や蹴り出す力のバランスが崩れるため、歩行時や走行時の違和感につながります。

また、足底筋膜炎を発症すると、歩行時にかかとの内側が痛んだり、足裏を指で押すと痛んだりします。特に、安静状態から動き出した際に症状が現れやすいため、起床後最初の一歩で痛みが走るケースが多いです。足底筋膜炎は片足のみに発症するケースもあれば、両足に発症するケースもありますが、片足のみに発症した場合でも痛みがある足をかばっているうちに、もう一方の足も痛めてしまう方も少なくありません。

足底筋膜炎でお悩みの方は当院にお任せください

足が痛くて思うように動けないのはとても辛いものです。そうならないために当院では様々な施術を組み合わせて、患者様のお悩みに対してアプローチをしていきます。同じ診断名でも、一人ひとりの生活の違いなどによってもアプローチの仕方は変わるものです。足の痛みは我慢せずえんしん整骨院にご相談ください。