fbpx

坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは、その名のとおり腰からの坐骨神経に痛みが生じる病です。原因と症状には複数の種類があります。

坐骨神経痛の原因

原因として多く見られるのは腰椎の疾患です。大きな意味では加齢も関係しており、50代を超えたころから腰部脊柱管狭窄症が発症しやすくなります。そして、それによって坐骨神経痛が引き起こされるケースが多いです。

たいていの場合、年を取ると脊柱管は徐々に狭くなっていきます。この過程において内部に存在する組織を圧迫することになり、その負荷によって痛みがもたらされるというわけです。

坐骨神経痛に見られる症状

症状は、神経が圧迫を受けて腰の痛みや足のしびれ、下肢に力が入らないなどの症状が発生します。特徴としては、特定の動作をしたときに見られる傾向があります。

高所にあるものを手に取ろうとした場合や、振り返る際に腰をひねった場合などに現れやすいです。単純に背筋を伸ばしただけで痛くなることも珍しくありません。最初は大したことがなくても、そのような行動を繰り返していると悪化していく恐れがあります。

一方、あまり体を活発に動かさない人は気付きにくいケースもあるのです。前傾姿勢の場合は痛みを感じにくく、自転車に乗ったり物を拾ったりする動作には、支障が生じにくいことも特徴となっています。

坐骨神経痛はぜひ当院へおまかせください

坐骨神経痛でお悩みでしたら、当院へおまかせください。

スタッフ一同、症状に悩むあなたに寄り添い、全力でサポートさせていただきます。ご不明な点がありましたら、ぜひ当院のスタッフへお気軽にご相談ください。皆様のご来院お待ちしております。