fbpx

ぎっくり腰について

ぎっくり腰の原因と症状は大きな衝撃と共に腰が強烈な痛みに襲われる状態です。

ぎっくり腰の原因

原因は大きく分けて筋肉疲労と骨格の歪み、いきなりの過負荷が影響しているといわれています。

筋肉疲労ですが、日常の中で同じ動作をしても平気だった動作がある瞬間にぎっくり腰になってしまう場合、日常で少しずつ溜め込んだ筋肉疲労がある時負担の許容量が超えてしまい、腰痛として発症してしまうといえます。日常生活を送る上で筋肉疲労は必ず起こり、回復するメカニズムを持ち合わせますが睡眠不足や栄養バランスが取れないなど、運動不足や座りっぱなしのしごとを続けている方も腰痛を招きます。

次に骨格の歪みですが立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間限られた姿勢でいることが多くなり身体の柔軟性が失われて同じ筋肉や骨格を使うことになります。

こういった状況が続くと骨格の歪みを招き、筋肉はアンバランスになっていくため腰痛に繋がります。スポーツ選手や若い人に多いぎっくり腰の原因の一つにいきなりの過負荷が挙げられ、止まっている状況からいきなり動くなど急激な切り替えの際に腰に過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こします。

ぎっくり腰の主な症状

ぎっくり腰の症状は、大きな衝撃と共に腰が強烈な痛みに襲われる状態です。

「ぎっくり腰」、正しくは「急性腰痛」や「椎間捻挫」と呼ばれ、その名前の通り急に腰に激痛が走り座り込んだまま立ち上がれなくなったり、その場から動けなくなったりします。

ぎっくり腰はぜひ当院へおまかせください

ぎっくり腰でお悩みでしたら、当院へおまかせください。

ぎっくり腰は放置してしまうと症状が悪化してしまうケースもあるので、早めに専門家へご相談されることをお勧めいたします。また不安なことやわからないことなど当院のスタッフまでお気軽にお尋ねください。ぎっくり腰がほかの院では治らなかったという方も、あきらめてしまう前に一度当院へご相談ください。皆様のご来院お待ちしております。