fbpx

テニス肘について

テニス肘は、テニスをおこなっている方が発症しやすい疾患になり、上腕骨外側上顆炎とも言われます。30代から50代の中年の方によくみられるといった特徴があります。

テニス肘の原因

テニス肘は、テニスが原因の場合には練習のしすぎや間違ったフォームでの打ち方・自分に合わないラケットを使用しているなどさまざまな要因によって引き起こります。テニスをしなくても発症することがあり、腕を繰り返し使っているような仕事をおこなっている方なども発症する場合があります。

テニス肘の症状については、肘の外側に痛みを感じるといった特徴があり、肘から手首にかけて痛みを覚える場合もあります。物をつかんで持ち上げる動作や雑巾をしぼる動作をしたときに痛みが生じ、安静時には痛みを感じないことが多いです。

痛みを感じ始めたばかりの初期の段階では、自然に治癒するケースが多いのですが、症状がよくならなくそのまま肘を使い続けていると、長く痛みが続くようになってしまいます。1年以上症状がよくならない場合には、治りにくくなると言われています。

テニス肘でお悩みの方は当院へお任せください

テニス肘が悪化するとスポーツ時だけではなく、日常生活でも痛みが生じることになり生活に支障が出ることもあります。
ご縁あって来院された患者様が心から安らいでいただけるよう、丁寧な問診をもとに治療に臨んでおります。
肘の痛みが気になる方はお気軽にえんしん整骨院へご相談ください。