fbpx

腱鞘炎について

腱鞘炎は、手や指の使い過ぎによって引き起こります。腱鞘とは骨と筋肉をつないでいる腱を包んで、腱を滑らかに動かすような働きがあるのですが、腱鞘炎とはこの腱鞘と腱が擦れて炎症を引き起こすのです。

腱鞘炎の原因と症状

親指の使い過ぎで引き起こるドケルバン病は、親指を伸ばしたりすることで、痛みを伴う腱鞘炎になります。手の甲に腫れや痛みが引き起こったり、親指を曲げたときに手首が痛くなることもあり、物をつかんだりすると痛みが増すこともあります。片手の親指ばかりを使用するスマートホンの操作は、長時間続けることによって腱鞘炎を引き起こすリスクが高くなります。

ばね指も腱鞘炎の病気のひとつです。ばね指は、指の曲げ伸ばしのときに、ばねのようなひっかかりが生じます。手のひら側の親指や人差し指・中指の付け根などが痛む場合があり進行すると指が動かなくなることもあります。

腱鞘炎は指の使い過ぎによって引き起こる病気になるので、ピアノなど指をたくさん使う方やパソコンのキーボードを長時間使用する方などがかかりやすいです。

腱鞘炎でお悩みの方は当院にお任せください

腱鞘炎だからと言って放置したままにしてしまうとさらに症状が悪化して、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。
当院では患者様のお身体の状態を検査し、どこに原因があり、その結果どうして痛みが出ているかを明確にします。
少しでも気になる症状があればえんしん整骨院にご相談ください。