fbpx

野球肩について


ボールを投げる際に肩に痛みを感じたら、野球肩になっているかもしれません。症状が出た時には肩を安静にすることが大事で、ボールを投げる動作は行わないようにします。また、投球フォームが悪いと余計な力がかかってしまうので、投球フォームを見直さなければならないこともあります

野球肩の原因


野球肩の原因は、投球動作を繰り返すことで肩関節に過剰な負荷がかかって損傷したり炎症が生じることが挙げられます。簡単に言ってしまうと、肩の使い過ぎによって起こります。野球肩という名前が付いている通り野球を行っている人に多いですが、やり投げやテニス、バレーボールといった肩関節を酷使するスポーツでも発症しやすいです。

野球肩の症状は、まず投球動作をする際に生じる痛みがあります。最初は違和感を感じる程度だったのが、痛くて投げることができないくらいに悪化したりもします。成長期に該当する子どもの場合には、腕の成長が妨げられてしまうこともあるので注意が必要です。成長した時に腕の長さが違うといったことが起こることも考えられます。特にリトルリーグなどで肩を酷使している場合には、早い段階から対処することが求められます

野球肩でお悩みの方は当院にお任せください

肩に違和感や痛みを覚えたら無理をしないことが重要です。当院では、肩だけではなく全身の評価を行うことで繰り返す痛みの根本にアプローチします。患者様にとってベストなゴールをともに目指せるようサポートできる、えんしん整骨院へご相談ください。