fbpx

野球肘について

野球肘は、成長段階にボールを投げる動作で生じる肘への損傷でスポーツ外傷の一つです。

野球肘の症状

野球肘は俗称で、離断性骨軟骨炎・骨端軟骨損傷・靭帯損傷などいくつかの疾患名を持つ総称です。また、野球肘は、肘の内側に発生するものと外側に発生するものがあり、それぞれ内側型と外側型に分類されます。

内側型の場合は、投球の際に引っ張られるストレスが発生しやすいなどから内側側副靭帯損傷や剥離骨折などが起こりやすくなり、外側型の場合は、上腕骨および橈骨の間に圧迫ストレスが発生しやすいので離断性骨軟骨炎が起こりやすくなるなどの違いがあります。

ボールを投げるときや投げた後に肘に痛みが起こるのが一般的な症状になるのですが、肘関節の曲げ伸ばしをスムーズに行えなくなったり痛みで肘が動かなくなることもあるなど注意が必要です。

野球肘でお悩みの方は当院にお任せください

痛みを我慢して投げ続けると治りが遅くなるだけではなく選手としての人生も左右してしまいます。大好きなスポーツを長く続けるためにも、肘の痛みを感じたらえんしん整骨院にご相談ください。