EMSでインナーマッスル強化

インナーマッスルは体の大黒柱

20歳ごろから始まる筋力低下。なんと1年に1%ずつ筋力低下が起きていることをご存知でしたか?
《体を支える》役割をしているインナーマッスルが低下することによって体に起こる不調は様々。
痛みだけではなく、姿勢やゆがみ、内科的な疾患にも関係していることがわかってきました。

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation(電気的筋肉刺激)」の略で、電気刺激を直接筋肉に与えることによって、筋肉を動かしトレーニングしていきます。
トレーニングの時間がない、飽きっぽい、トレーニングをしたことがない、体が辛くてトレーニングできない、というような方にお勧めです。

当院のEMS「Indepth(インデプス)」は医師が開発したEMSで、様々な周波数の電気刺激を用います。
一般家庭向けのEMSとは電気刺激の到達深度が異なり、より短時間で効率的にインナーマッスルの強化が可能です。