fbpx

梨状筋症候群について

梨状筋症候群は、お尻の中央部に位置する仙骨から大腿骨の頸部に伸びている梨状筋が、その下を通る坐骨神経を圧迫することで痛みやしびれなどの症状が引き起こされる病気です。

症状について

梨状筋症候群は、坐骨神経痛を引き起こす病気のひとつで、お尻から足にかけて痛みやしびれといった症状が現れます。症状が現れる範囲には個人差があり、お尻周辺のみに症状が起こる方もいれば、足先まで症状を感じる方もいます。

持続的なチクチクとした痛みが特徴で、しびれについては長時間の車の運転やデスクワークなどによって強くなるケースが多いです。

原因について

梨状筋は、本来は柔軟性がある筋肉なのですが、何らかの原因で梨状筋に過度な負荷がかかると、その柔軟性が失われることがあります。これにより、梨状筋の下を通る坐骨神経が圧迫されて痛みやしびれといった症状が現れます。

梨状筋の柔軟性が失われる要因としては、ゴルフや野球などの体を捻る動作を伴うスポーツ、長時間の座位を伴う車の運転やデスクワーク、草むしりなどの中腰での肉体労働などが挙げられます。また、女性の場合は月経の周期中や妊娠時期など体内に大きな変化が生じる時期に発症しやすい傾向があります。

梨状筋症候群でお悩みの方は当院にお任せください

当院では患者様のお身体の状態を検査し、どこに原因があり、その結果どうして痛みが出ているかを明確にします。症状を放っていてもなかなか改善せず、悪化する可能性もあるため、症状が重くなる前にえんしん整骨院にご相談ください。