腰痛について〜腰椎椎間関節性腰痛ver〜

こんにちは!院長の堀です。

今日は腰痛シリーズ第2弾!腰痛の中でも非常に頻度が高い《腰椎椎間関節性腰痛》についてです!

特徴は

☑️体を後屈させると痛みが増す。

☑️深くまで前屈させると痛む。

☑️朝起き始めの痛みがあり、動いているうちに痛みが軽減する。

☑️日常的に体をひねる動作が多い。

☑️体を背もたれなどに預けると痛みが緩和する。

☑️立ち座りの動作では症状は現れない。

☑️中年以上の年齢である。(65歳以上に最も好発します)

どれくらい当てはまりましたか??比較的に背骨に近い部分の腰痛です。

自分でできる検査は

仰向けで寝た状態で、膝を伸ばしたまま、両足を拳2個分程あげてみてください。

腰に痛みがでる、もしくは上がらない!という方は

椎間関節性腰痛の可能性が高いです。

しっかりと痛みは取ることができますので、

「もしかして・・・」

と思った方!しっかりと改善しましょうね(^ ^)

では、今日はここまでです!

関連記事

  1. インナーマッスル part2

  2. ゴールデンラインって知ってますか?

  3. 関口貴弘鍼灸整骨院に行ってきました!

  4. 産後の骨盤ってどこがゆがむの?

  5. ぎっくり腰になってしまったら・・・

  6. インナーマッスルの低下で起こることって?

  7. 筋力低下

  8. 骨盤のゆがみが体にもたらす症状とは?

  9. 猫背矯正の勉強会しました!